おやこ狂言会

 

●おやこ狂言会 とは…

古典芸能は、決まりごとがあって、かたーい雰囲気?

狂言ってなんか流行ってるみたいだけど、

本当に子どもが楽しめるの? 

そんな疑問をお持ちの方、百聞は一見にしかずと申しますが、まずは寄せられた感想からほんの一例を。

・ 小さいときからずっと見ていたけど、やっぱり面白い!

・ 思ったより面白かった。また、見に来たい。

・ 小さい子にも良くわかる内容で、一緒に来た孫も大喜び。 

 連れてきて良かった。

・ 毎年来ているがいつも大笑いして帰る。

・ 親子で気軽に見れる機会を作っていただき大変うれしい。

 …観ている人の楽しそうな様子が伝わったでしょうか。

「おやこ狂言会」だから、子ども向けに楽しくしてあるの?

いえいえ、ホンマモンだからこその魅力。

それを、子どもたちが鋭くキャッチしているのです。こころのやわらかな子どもにこそ、本物を届けたいのです。

出演は豪華な顔ぶれ

演じるのは、京都の狂言師・大蔵流茂山家のみなさん。
茂山あきらさん、童司さん親子を中心に、千五郎家当主の茂山千五郎さん、茂さん、宗彦さん、逸平さんなど毎年豪華な顔ぶれです。

会場は本物の能舞台

会場は明治時代からの能舞台を移築した新金剛能楽堂です。

明治初年四条室町に建てられた建物から、130年余の歴史ある能舞台を京都御苑の西へ移築。

2003年6月に開館した新金剛能楽堂は客席も「桟敷」の雰囲気を残す造りで、趣があります。

本物の能舞台での上演が可能なのも京都ならではの魅力。揚幕の向こうから橋掛かりを渡っての登場は、他の舞台にはない深い味わいがありますよ。

★第32回 初笑いおやこ狂言会 

日程:2020年1月12日(日)

時間:

 午前の部 開場 10:40  開演 11:00  

 午後の部 開場 14:00  開演 14:30  

場所:金剛能楽堂

チケット販売中

午前の部 午後の部

能舞台で狂言体験&舞台裏ウォーク

​詳細は以下のチラシ(PDF)をご覧ください

oyako2019-omote.jpg
oyako2019-ura.jpg