東日本大震災を学ぶ

KAKEASHI

 

KAKEHASHI は、2011年、東日本大震災直後に自分たちにも何かできることはないかと考えたスタッフが集まり、「自分も現地に行きたい」と考える京都の子どもたちと一緒に東北へ行きたいという想いからスタートしました。

 


2011年に「こどもボランティア」としてスタートしたプログラムを、現在は「東日本大震災を学ぶ」と活動の形を変えて実施しています。
1人でも多くの人と一緒に東北を訪れ、現地の方々が伝えてくださる想いを聞かせていただくこと、現地の今を自分の目や耳、肌で感じ考えること、そして、そこから学んだことを京都に持ち帰り伝えていくことが、私たちにできることだと思い、活動を作っています。