稲作体験

 

5月に田植え、6月に草取り、9月には稲刈り、10月に収穫祭として自分たちで育てた新米を美味しくいただきます。年に数回しか夜久野町の田んぼに行くことができないので、田んぼに植えた苗を持ち帰ってひとりずつバケツの中でお米を育てたりもします。みんなでどろどろになりながら田植えや草引きしたり、遊んだり、汚れた足を洗いにそのまま川まで歩いて川遊びをしたり、空いた時間で山菜をとりに行ったり。稲作体験以外にもたくさん自然にふれあえる企画です。

参加者の感想

○保護者の感想 :自分の子どもが家に帰ってから、 「お米は大事やね~。残さず食べなあかんね~。」と言いながら、ご飯を食べるようになった。

 

○子どもたちの感想 :お米作りだけじゃなくて、カエルとりや川遊びも出来て楽しかった。

 

スタッフの感想

自然いっぱいの中で、遊びながらも稲作体験ができることが楽しい。自分が子どものときにこんな企画を体験しておきたかった。KAMONASUの企画の中で、ゆったりのんびりほっこりできる企画。